ホーム > 園がめざすもの > 園長からのメッセージ

園長からのメッセージ

 調布幼稚園は大正15年に園児4名という少人数で開園されました。園児4名で開園に踏み切った初代園長を初め、歴代の園長、そして、これまでの教職員の熱意とたくさんの方々に支えられ、調布幼稚園はたくさんの卒業生を送り出し、大きく飛躍してまいりました。

 調布幼稚園の教育目標は「生きる力をはぐくむ」でございます。子どもたちに、身近な自然や環境に自らかかわりながら、自分のやりたい遊びを見付け、試行錯誤したり、考えたり、あるいは友達と恵まれた自然環境の中で、木登り、虫探し、栽培活動他、四季折々の自然に触れながら、「体験を通して生きた知恵」をはぐくんでほしいと願っています。

 豊かな土壌で暖かな太陽の日差しを受けたり、時に自然の厳しさに耐えたりしながら、苗木が大きくなるように、調布幼稚園での園生活を通し、たくさんの愛情を受けたり、時に自分の思い通りにならないことを我慢したり、話し合ったりして、人と共に楽しく生活できる力を身に付けていってほしいと願います。子どもたちが、今しかない幼児期に、子どもらしくのびのびと生活し、自分のやりたい遊びが見付かったり、友達とも思い切り遊んだりしながら、生きる喜びを心に溜め込んでいってほしいと願っています。幼児期に体験した「生きる喜び」「体験を通して得た知恵」は、子どもたちの人生を大きく切り開いていくものと思います。

 私たち教職員は、保護者の皆様、地域の方々やお子様たちをとりまくすべての人々の思いや願いを真摯に受け止めながら、また、お互いに協力しあいながらお子様の長い人生の苗床を共に豊かに耕し、成長の芽を大切に大きく育ててまいります。

 お子様の調布幼稚園へのご入園を心よりお待ち申し上げます。

園長 外崎明美